伝統

最近たまに使いたくなるのがホテル時代に扱っていたワイン。

勿論ヴィンテージなどは違いますが安定感があります。

NCM_0367

メゾン・ジョゼフ・ドルーアン。

1880年に古代ローマ要塞の壁の内側に位置する、ブルゴーニュワインの中心地ボーヌに創立されたワイナリーです。
1976年より除草剤などの化学薬品は一切使用せず、1988年からはエステートマネージャーのフィリップ・ドルーアンにより、本格的なオーガニックワインの醸造に取り組んでいます。畑は伝統的な鋤(すき)を使って耕され、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。ぶどうの様々な病害や害虫などの対策には、天然である捕食動物やバクテリアを使い、徹底したオーガニック栽培に取り組んでいます。テロワールへの敬意、ぶどうの樹に対する愛着、そして彼らの経験と絶え間ない研究開発により、ぶどう本来の力量を発揮したワインが造られます。

今回はアリゴテ種ですので今の季節にピッタリ。

酸がしっかりあり喉を潤してくれます。

こだわりの小さな造り手もいいですが老舗もたまにはいいんじゃないですか。

今日のまかないはビフカツの予定、台風なんかに負けませんよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です