月別アーカイブ: 2014年5月

5月19日〜23日のランチメニュー

「ポール体調不良で公演延期」というニュース。

僕はポールと言えばボキューズ、またどうでもいい話でした。

NCM_0124

*パスタ・・・ツナときのこのトマトソース   みんな大好きツナ、安定感があります。

IMG_8296

*主菜・・・・豚肩のローストポーク

ガッツリ肉食べてスタミナをつけましょう!!

ぶっとい

写真

長野産グリーンアスパラです。

料理されている途中から食べたくて食べたくて。

お客さんが羨ましいです。

こんな感じでも提供しております。

これは昨日の団体様の盛りつけです。

っていう写真を撮ろうと思っていたのですが撮り忘れました。

店に来て直接見てください。

色彩・香り・食感・味わい等何拍子も揃った食材ですね。

ブルーザーブロディ

それは野獣

写真

これは野生

この時期になるとレストランでは必ずといっていいほどお皿の上に乗ってやってくる約一ヶ月の季節物のフランス産アスパラソヴァージュです。

見た目つくし?ニンニクの芽?

アスパラと同じユリ科ですが属は違う植物です。

日本の山菜と同じように自生しているものを手摘みします。

一般的なアスパラとはちょっと異なり

サクサクした歯触りと粘り気があります。

僕が20代の頃女性の間でソヴァージュの髪形が流行っていたような。

みんなまさしくブルーザーブロディでした。

ブロディは時代を先取っていたというまさしく偉大なプロレスラーだったのですね。

668

うまい!!

写真

シェフが来てから使わせてもらっているなにわ黒牛。

今日はレバーが入荷しました。

禁断の食べ方も出来るほどの鮮度です。

ちょっと味見を

「な・なんという食感、そしてクリアーなレバーの味わい しみじみうまい」

感じです。

そしてシェフが是非とオススメするのがトリュフとの相性です。

とても立派なレバー、値段も立派です。

石刁柏・シュパーゲル

写真

日本語で石刁柏(せきちょうはく)ドイツ語でシュパーゲル

その正体はアスパラガスでした。

日本では筍、ヨーロッパではホワイトアスパラが春の訪れを伝えます。

小さい頃はホワイトアスパラの缶詰をマヨネーズにつけて食べていたのが懐かしい。

フレッシュのホワイトアスパラは缶詰なんかと比べものになりません。

茹でてよし、焼いてよしの万能食材です。

今回はフランスの庭園ロワール地方産です。

甘み・ほんのり苦み・ステキな食感、春を感じてみませんか?

最後に豆知識

アスパラは濡れた新聞紙等で包み乾燥を防止して立てて

冷蔵庫で保存すると鮮度と味を維持できます。

 

5月12日〜16日のランチメニュー

日中は汗ばみますが朝晩は過ごしやすい今日この頃

日本の春と秋は何処にいった?

でも食材は春らしいものが満載です。

さあ今週も張り切って参りましょう!!

IMG_5047

パスタ・・・春キャベツの入ったヴォンゴレビアンコ

「正式な発音はボではなくヴォです、どうでもいいか」

IMG_9499

主菜・・・牛モモのローストビーフ

「2㎏強の牛モモを塊で焼き上げます、大人気ですよ」

イタイヤないカイ

image

一見ホタテ貝のように見えますね。

でもこれはイタヤガイです。

種類はホタテを同類ですが味はこちらの方が上なんです。

肉質は柔らかく幅広く料理に使えます。

昨日はブッファラ・水茄子・フルーツトマトの上にソテーしたイタヤガイ。

シャンパンや白ワインがすすみますね。

これからは貝が美味しい季節です。

トリ貝、バイ貝そして僕はナイスガイ。