カテゴリー別アーカイブ: ワイン

ワインの情報です!

ハウスワイン

もう死語だと思いますが
作っていただきました。

IMG_20170206_171347

すっきり爽やかな味わいなのでトロワプレジールのイメージにピッタリ。

ソーヴィニヨンブラン100%です。
グラスでもボトルでも用意します。
ぜひハウスワインを飲みに来てくださいね。

ちなみに本日祝日ですが営業してます。
お時間ありましたらぜひ。

 

18年ほど前の

いただきものが綺麗になくなりました。

img_20161115_223807

「コント・ジョルジュ・デュ・ヴォギュエ」のフィーヌです。
アルコールはほとんど感じることなく香りだけが引き立ってました。
全盛期に比べれば優しすぎる味わいでしたが人間と同じ、歳を重ねたら角が取れてくるのかな?と思わせる味わいでした。

ありがとうございました。

 

 

解禁

今回はフランスのボジョレーヌーヴォーです。

img_20161116_112118

今年は盛り上がりをあまり感じることができませんが無事解禁いたしました。

ラベルもお祭り騒ぎですね。

グラスでも用意していますので今年も無事にワインが出来たお祝いをしませんか?

 

とりあえずの泡は

img_20161101_174718

『ラック&リドル ブリュット』
カリフォルニアのノースコーストでシャンパーニュ製法で造られています。
シャルドネ・ピノノワールに加えなんとソーヴィニヨンブランをブレンド。

非常に繊細な泡立、程よいボリューム感の味わいで心地よい余韻を残します。

シャンパーニュもいいですがたまには他の国も飲んではいかが?

グラスでも用意しています。

ヌーヴォー

といっても日本のお話。

img_20161101_174655

「鳥居平今村菱山甲州ヌーヴォー2016」

去年も使わせていただきましたが
フレッシュでピュアな味わいです。

知り合いが手掛けて造っているこのヌーヴォー是非飲んでください。

11月3日解禁してます。

PerfectDay

たまにはワインなども。
味は価格とバランスをとっていて普通なんです。
でも営業の方が熱心でついつい買ってしまいます。

img_20161017_171502

すっきり爽やかな味わい。
ソース顔より醤油顔ですね。
セミヨンとソーヴィニヨンブランのブレンドです。

PerfectDay=特別な日
じゃなくても飲んでください。
僕のPerfectDayは・・・

女神

ヘスティア・セラーズのワインは、ワシントン州スノコル ミー・リバー・バレーの上に位置する小さなプライベート・エステートにて手作業で造られています。 そのワインは個性豊かでこくがあり、長寿でバランスの取れた仕上がりとなっています。

細部にまで密接に関われる家族経営の小さなワイナリーならではの利点をフルに生かし、すべてのプロセスにおいて品質への妥協のない集中力と情熱を持ってワインを製造しています。

img_20161011_194647

「ヘスティア 12カベルネフラン」

【ヘスティアとは】
Hestiaは最も古くから存在していた母権制の女神の一員。古代における家の炉は、わが国の《かまど》に等しく、家の中心であるという形容から、この女神は家庭生活の女神として崇められた。神話ではヘスティアはクロノスとレアの長女で、アポロンとポセイドンに求婚されたが、永遠の処女を守る許しをゼウスより得ます。ゼウスは彼女にすべての人間の家、神々の神殿において祭られる特権を与えた。他の神々が天上の住居を出て、世界を歩き回るのに、彼女は常に天界に座し炉を離れずにいた為、この女神には神話というものがない。

かなりパワフルですが繊細な部分も持ち合わせてます。
その繊細さは人柄から来ています。
オーナーさんすごく優しく物腰柔らかく良い人でした。
近い将来手に入らなくなりそうなワインの一本ではないでしょうか?
飲みたくなりましたか?

 

記念日にいかが?

言わずと知れた

img_20161011_194633

「オーパスワン 2001年」

その巨匠の1人がボルドー1級シャトーで知られるシャトー・ムートン・ロートシルトの当時のオーナーである「バロン・フィリップ・ド・ロートシルト」、もう1人がカリフォルニアワイン界の重鎮・パイオニアと言われる「ロバート・モンダヴィ」です。

この2人の巨匠の「最高品質かつ他に類を見ないワインを造る」という夢のもと、アメリカ最大のワイン生産地であるカリフォルニアのナパ・バレーに、ジョイントベンチャーとして1980年にオーパス・ワン・ワイナリーは誕生しました。

有名ワインは賛否あるのが当たり前です。
しかしどんな状態でも美味しく飲もうという気持ちが大切なんですね。
誰とどこで何を食べているか、そしてソムリエのサービス。
これらが一致すればどんなワインでも美味しく飲めるはず。
お試しください。