カテゴリー別アーカイブ: メニュー

フードメニューの情報です!

サラミ

image1

トスカーナのサラミは定番で用意していますが
今回のサラミは佐倉シェフが展示会で気にいって仕入れたものです。

左がフェンネル(ウイキョウ)を練りこんだもの。
右がトリュフを加えたもの。

見た目はわかりにくいですが口に含んで噛みしめるとそれぞれの香りが立ちこめます。
生ハムもありますが触感的には赤ワインでおすすめしたいものです。

食後のあてにいかがですか?

 

6月1日~6月30日のタコフェアー

*最新の更新は下記にございます。
《6月1日~6月30日のタコフェアー》
夏に突入ですね
タコフェアーいきますよ。
個人的に好きな食材です。
足をのばしてお越しください。
目玉メニュー「水タコのカルパッチョ」¥500(ワンコイン)
IMG_1842
もう食べたい。
触感も素敵ですよね。
シャンパーニュとご一緒にどうぞ。
その他のタコメニューは
一例
*タコとグレープフルーツのマリネ      ¥ 700
*水タコのピリ辛トマト煮          ¥1000
*水タコと野菜のソテー           ¥ 900
*水タコのペペロンチーノ          ¥1300
*水タコのアラビアータ           ¥1400
タコ祭りにお越しください。

門外不出

のはずが門外出てます(笑)
イヴェンティチェッリで5年間お世話になった佐倉シェフ。
カルボナーラは生クリームを使いません。
浅井さんからピータンをいただきスペシャリテのピータンカルボナーラ。

IMG_20170321_141540

美味しい~~~。
周年パーティでもお召し上がりになられた方はいらっしゃるはず。
通常メニューにはありませんがお早めにリクエストいただければ用意いたします。
どうですか?

念願の

一品です。

img_20161014_142224

鳥類の中でも鴨が一番好きなんです。
ありそうなのに見たことも食べたこともなくずっと企んでいたこれ。

鴨胸肉のカツレツ

メニューに載っているのは鴨ミンチのカツレツなので正真正銘鴨のカツレツです。
まかないでシェフにお願いして作ってもらいました。
皮は外してカリッと別で焼いてます。
思っていたイヤそれ以上の美味しさでした。
作ったシェフも絶賛していました。
食べたい方はこっそり予約ください。
これで思い残すことはないか。
メニューには載せないよ。

プレジール農園便り

またまた届きました野菜たち。

image1

岡山県にある自称プレジール農園。

今回も盛りだくさん。

安定のルッコラ、味の濃い他の野菜達そして今回一押しは枝豆です。

シェフが茹でたてを味見させてくれました。

「うまい」茶豆のような濃さと旨み、カープ鈴木のように最高で~す(笑)

枝豆もまだありますのでつまみにきませんか?

プレジール農園

ワイン学校の生徒さんが持っている畑がいつの間にかこの名前になってました。
岡山市一宮に畑があります。
昨日、そこの野菜が届きました。

image1

ゴーヤ・ズッキーニ・甘長唐辛子・アイコトマト・インゲン
長ナス丸ナス賀茂ナスのナス三兄弟・ルッコラ

全て農薬なしの野菜たちです。
皆さんにもお出ししています。

新井さんいつもありがとうございます。
今回のルッコラもとっても美味しかったです。

そろそろ終わりますが

1462865379332

「グリーンアスパラのソテー」
一緒にポーチドエッグと生ハムを添えています。

お好みで卵と絡めてお召し上がれ。
パルメザンチーズの存在も欠かせません。

そろそろアスパラソバージュが出てくる頃でしょうか?
が、グリーンアスパラの触感もナイスですよ。

いつも写真提供ありがとう!!

今月のフェアー

桜は

IMG_20160403_133314

散った。

佐倉は

NCM_0259

疲労困憊。

そうだ

12592573_610832185733142_7836734546376757105_n

桜鯛は好評です。
目玉のカルパッチョはワンコインの500円。
ポワレやリゾットもありますよ。
こんな感じで食べたいってリクエストもどうぞ。

今週は土曜日お休みしますがそれまでは元気に営業してます。
皆様のリクエストお待ちしております。

 

 

 

たまには

IMG_20160128_154211

アクアパッツァを独り占め。

市場に行くシェフに「今日アクアパッツァ食べたいなあ」ってお願い。

お店の味そのまま(もちろんですが)

今回は連子鯛、最高でした。

店でもその日のお魚で用意していますので注文してください。

ワインとバゲットがすすみます。

 

寒い中

ジビエの毛を毟るシェフの図。

IMG_20160114_134729

ランチ終了後黙々と毟りまくっています。

ジビエの毛を毟ると苦楽園時代を思い出すようです。

そうやって丁寧に毟られたお料理がこちら

image1 (2)

頭から足先まで余すところなく提供しています。

お嫌いでなければ是非ご賞味ください。

また佐倉シェフが新しいジビエを毟ってくれますので。

ちなみにシェフの左前方に写っているのはシェフの愛車「真っ赤なポルシェ」です。